アイピルとアルコール

若い女性

72時間以内に服用すれば、高い確率で避妊に成功できるアイピル。
避妊に失敗したときなどに備えて、手元に用意しておきたい薬の一つでもあります。
最近ではアイピルなどの緊急避妊薬もインターネット通販などで購入することができますので、いざというときのために購入しておくといいでしょう。

薬は基本的に、アルコールとの相性が悪いとされています。
しかしアイピルは女性ホルモンに働きかけるものですので、アルコールの影響を受けることはありません。
ですからアイピルを服用した後にお酒を飲んだとしても、避妊に失敗する可能性が高くなるということはありません。

しかしお酒がもたらす症状については注意が必要です。
お酒を飲みすぎると吐き気を催すことがありますが、アイピルを服用して間もない時間にお酒の影響で吐いてしまうと、一緒に薬の成分まで体内から出てしまう可能性があるのです。
アイピルを服用してから3時間ほど経過しているのであれば、薬の成分が体内にほとんど吸収されていますので問題はないと考えられていますが、3時間未満の間に嘔吐してしまった場合は、避妊に失敗してしまう可能性が高くなってしまうのです。
もし服用後3時間未満の間に嘔吐してしまった時は、再び薬を飲みなおすことが必要です。

もともとアイピルの副作用として吐き気が生じることがあります。
そのうえアルコールが体内に取り込まれてしまうと、さらに嘔吐の危険性が高くなるのは当然と言えば当然です。
ですからお酒の弱い人はアルコールの摂取を避けたほうが無難ですし、お酒の強いと自覚している人も、万が一のことを考えてアイピルを服用してからしばらくの間は、お酒も控えめにしておいたほうがいいでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧