アイピル服用者の声

きれいな女性

一般的にピルというと低用量ピルがよく知られており、これは飲み続けることで避妊効果を得られるものとなっています。
しかし、緊急的に避妊したいという場合、アイピルのような中用量ピルを服用する必要があります。
アイピルはアフターピルとして知られており、性行為の後に飲むことで避妊効果を得られるものです。

72時間以内に服用することで妊娠を回避できるということですが、低用量ピルよりも多くの女性ホルモンが含まれているため、副作用のリスクが高まります。
体内の女性ホルモンの量が一時的に増えるので吐き気や頭痛などといった症状が出てしまうこともあります。
また、服用してすぐにアイピルを吐いてしまった場合、避妊効果がなくなってしまうので注意しましょう。
吐いてしまった場合は再びアイピルを服用する必要があります。
低用量ピルの場合はほとんど副作用がないということですが、緊急的に避妊するためのアフターピルには強い副作用があるということです。

また、初めてアイピルを服用する場合、実際に服用した人の口コミや体験談などを参考にするのも良いでしょう。
アフターピルは基本的に病院で処方を受けることになりますが、その時に一緒に吐き気止めなどを処方されることもあります。
病院で吐き気止めが処方されなかった場合、市販の吐き気止めなどでも効果があるということです。
アフターピルというのはあくまで緊急的に飲む薬であり、何度も使用すると体内のホルモンバランスが乱れてしまうことがあります。
女性の体に大きな負担がかかってしまうため、避妊に失敗しても気軽に処方を受けるのは良くありません。
性行為をする際には事前に避妊をすることが大切であり、それでも失敗してしまった場合のみ服用するのがポイントです。

サイト内検索
人気記事一覧